栽培.com

健康に良いブルーベリーを育てるためには基本的な知識が必要

目に良いと有名なブルーベリー

ブルーベリーは視力効果が期待できるアントシアニンの成分が含まれているため、ブルーベリーを食べ続けることで目に良いとされています。ブルーベリー1つに栄養が凝縮されているので、毎日の栄養摂取のために日頃からブルーベリーを食べるようにしましょう。

美味しいブルーベリーを収穫しよう!

ブルーベリー

植える作業から収穫

栄養価の高いブルーベリーは育て方を知っていれば自宅で育てることができます。ブルーベリーが育つ環境づくりをするとともにしっかりお世話をすれば実をつけることができるでしょう。実際にブルーベリーを育てた人達の声も寄せられているので、今後ブルーベリーを育てるための参考としてチェックしてみてください。

READ MORE

一つでも欠けていると丈夫に育たない

花や木と同じように水をあげただけではブルーベリーは立派に育ちません。育て方には一工夫が必要となるので、これから自宅でブルーベリーを育てるという方はコツを踏まえておきましょう。水の与え方とともに土台となる土の選び方などが重要となります。

大切に育てる上で大切なことランキング!

no.1

ブルーベリーの品種

北は北海道、南は沖縄までそれぞれ気候が異なっているので、それに合わせてブルーベリーの品種選びをするようにしてください。品種によっては涼しいところでもすくすく育つブルーベリーもあれば、暑いところに弱いブルーベリーもあります。育てる地域に合った品種を選ぶようにしましょう。

no.2

配置する場所

ブルーベリーの苗を置くときは屋内よりも屋外にした方が良いです。ベランダなどで日当たりの良いポイントを見つけてそこに設置するようにしましょう。ベランダは風もふくので強風であおられてしまう可能性もあります。ブルーベリーの苗の両端に支えるものを置いておくと倒れる心配もありません。

no.3

水やりの頻度は適切に

春夏秋冬の季節に応じてどのくらい水を与えた方が良いのか決まっており、暑い夏場は一日二回程度、涼しい気候の春や秋などは一回が目安とされているので、月の入れ替わりとともに水やりの回数を変えていくようにしましょう。底に水が溜まってしまうと根元が腐ってしまう可能性があるので、水を溜めないよう気を付けてください。

no.4

肥料の種類

植物に使用される肥料には化成肥料と有機肥料があり、この二つから選ぶことができます。ブルーベリーの成長具合に応じて肥料を入れるようにしましょう。健康な状態で肥料を投入してしまうと栄養が行き渡りすぎて枯れてしまうことがあります。様子を見てなかなか枝が成長しないときや、葉の色が変色してきたときに肥料を使用してください。

no.5

適度な剪定

夏場はブルーベリーの木の枝が伸びやすい時期になるため、ある程度伸びたら剪定をしなければいけません。このとき適当に切るとバランスを崩してしまい木全体に負担をかける恐れがあります。横に伸びているものは上に伸びないので余計なものは根元から切りましょう。また切り方によっては風通しを良くすることができます。

大切に育てることが大事

ブルーベリー

睡眠不足にも効果的にストレス解消ができる

毎日不眠症が続いてなかなか眠れないという人もいるでしょう。睡眠不足が続くと身体の疲労を取ることができないため、次第にストレスが蓄積してしまいます。ブルーベリーは安眠効果もあるとされているので、不眠症に悩まされている人はブルーベリーを摂取して生活改善をしましょう。

自宅で育ててブルーベリーを毎日食べる

ブルーベリーはスーパーで気軽に購入することができますが、他にも園芸店やネットの通販サイトからブルーベリーの種を購入することができます。種を植えて正しい育て方をすることで美味しい実をつけることができるでしょう。ブルーベリーにはいくつかの品種もあるので、種を選ぶときは品種を確認してください。分からなければ担当スタッフに相談した上で購入をするようにしましょう。

種からでも苗からでも選択肢はどちらでも良い

はじめから育てたいと考えているなら種から、少しでも早くブルーベリーの実をつけたいなら苗から育てるのが良いでしょう。苗を選ぶときは正しい選び方があるので、それを踏まえた上で選ぶようにしてください。間違った選び方をすると早々に枯れてしまう可能性があります。

植える時期に注意しよう

ブルーベリーではなく他の植物にも言われていることが多いですが、夏真っ盛りの8月は避けた方が良いとされています。適正の時期は3月だといわれているので、そのくらいの時期にブルーベリーを植えるようにしてください。他の時期でも植えること自体はできますが、順調にブルーベリーが育たず途中で成長がストップして最終的に枯れる恐れもあります。

日中影をつくらないようにする

ブルーベリーはなるべく日に当てた方がよく育つので、日当たりの良いところに設置するようにしましょう。育て方を間違えると健康的なブルーベリーが育ちません。たとえ無事に育ったとしても実があまりつかないこともあるのです。雨の日が続いて曇って太陽光が現れないときも成長を止めてしまうことに繋がりますので気を付けてください。

広告募集中